60歳以上の加入について

概要

国民年金基金は、これまで国民年金の保険料を納めている20歳以上60歳未満の方が加入できる制度でしたが、国民年金法の一部改正により、国民年金に任意加入されている60歳以上65歳未満の方も国民年金基金に加入できるようになりました。

 

国民年金基金に加入できる方

60歳以上65歳未満の方で国民年金に任意加入されている方が加入することができます。

 

国民年金基金の加入資格を喪失する場合

国民年金基金への加入は任意ですが、加入後は途中で任意に脱退はできません。
国民年金基金に加入した方が次のいずれかに該当したとき加入資格を喪失します。

65歳になったとき

国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき

他の都道府県に転居したとき(地域型基金の場合)

該当する事業または業務に従事しなくなったとき(職能型基金の場合)

加入者本人が死亡した場合

加入資格を喪失した場合、基金に支払った掛金は途中で引き出すことはできませんが、基金から将来年金として支給されます。
他の都道府県に転居したとき(地域型基金)、該当する事業または業務に従事しなくなったとき(職能型基金)に加入資格を喪失した場合、加入資格のある国民年金基金に引き続き加入しますと従前の掛金で加入できる特例があります。(3か月以内に手続きをすることが必要です。)

 

年金の種類

加入は口数制で年金額や給付の型はご自分で選択できます。

自分が何口加入するかによって受け取る年金額が決まります。

給付の型は、終身年金A型・B型、確定年金I型の3種類があります。